本文へジャンプ
設計事務所の仕事


 建築設計事務所では専門の立場から、建築主の良きパートナーとしてアドバイス、トラブルの解決に当たります。又設計監理を業としているため、その職能を通じて人々の生命と財産の保全を行います。



はじめに住宅を設計するケースについて簡単に記述いたします。
設計の進め方(住宅)


構 想 
1.
建築主にお目にかかって、ご要望をお聞きします。
2.
住宅の内容・敷地の条件・ご予算などを配慮して、スケッチ(設計素案)を描き、打ち合わせをします。 
これを何度か繰り返して、建築主の考えられている住宅のイメージを肉付けしつつ、 設計者の提案を加えて建物の大まかな内容を決めて行きます。


設 計 
3.
方針(スケッチ)が決まったところで設計を開始します。基本的な設計図が出来たところで確認申請を提出します。
確認申請が下りる間の期間を利用してさらに細かな設計を進めます。
住み手のご要望や敷地の条件に合わせて、一つ一つの住宅を丹念に設計して行きます。
図面の枚数が多くなりますが、建物の品質を高める上で重要な事だと考えております。


監 理
4. 工務店を選ぶ為に、実績のある数社に設計図に基づき見積りをしてもらい、出てきた見積書の内容を、チェックします。
5. 工事会社が決まりましたら工事監理をします。工事監理は、工務店が設計図通りに工事するように監理する業務です(専門知識を持ち、中立的な立場で、当該建築の内容を熟知している設計者にとっての重要な業務の一つです)。
6.
竣工後は、メンテナンスなどについて、工事会社が適正に行っているかをチェックして行きます。




 次に格分野事の仕事について分かりやすく説明します。
  (下記のリンク先に詳しい説明がありますのでご確認ください)

設計以前の作業1(設計相談)

設計以前の作業2(基本構想)

基本設計の業務

実施設計の業務

工事監理の業務
 



←会社概要へ戻る

作品集→



                         Copyright 2010 ichikawasekkei.com All Rights Reserved.